どんなチラシが良いのか迷っている方へ

こんにちは!ディレクターの中村みさとです。

チラシのご相談で皆様がよくおっしゃるのは
 
チラシを作りたいけど、どういうのがいいの?
 
ということ。
チラシと一口に言っても

・情報がぎっしり詰まっているもの
・三つ折りタイプのもの
・キャンペーンの内容だけ出しているもの
・ビジュアルがまず目立っているもの
・とにかく大きいもの
 
などなど…
とても色々な種類のチラシがありますよね。
 
今回は、「どんなチラシが良いのか迷った時に整理すべきこと」を
お伝えしたいと思います!

まず最初に考えて欲しいことはズバリ
 
何のためにチラシを作るのか
 
ということ。
チラシを作ることによって得たい効果をまずは整理します。
 
ここで重要なのは目的は1つに絞ること
 
・色んな人に知ってもらって、イベントのお知らせと、無料体験の申込みが欲しい
 
では目的がブレてしまいます。
なるべく「地域の認知度を上げる」「資料請求してもらう」など
絞って考えてみてくださいね。
 
 
チラシの目的が決まったら次に考えることは

・チラシを誰に届けたいのか
・チラシをいつどんなシーンで使用するのか

 
ということです。

誰に届けたいかによって
選ぶべき色やフォント、文字の大きさは違います。
 
年配の方向けのチラシで、小さな文字で原色のチラシを作ったら
手にとってもらえないことが想像つきますよね。
 
 
そして、いつどんなシーンで使用するのかという部分について、
 
例えば
店舗に置いておくチラシと、
展示会などで手渡しするチラシ、
駅のラックに設置するチラシ。

 
それぞれ重視するポイントは違います。
 
細かな違いはあるので一概には言えませんが、
 
例えば………

店舗に置いておくチラシであれば
カバンにさっと入れてもらう、場所を取らないようにするために
三つ折りにしたり、
 
展示会で配布するチラシであれば
とにかくインパクト重視で形や色の工夫をする、
 
駅のラックなら、前のチラシで隠れない位置に
重要な情報や気を引くコピーを配置する、など。
 

目的・相手・シーンを整理することで
チラシの内容や見た目をどんどん具体的に詰めることができます。

 
・何のためにチラシを作るのか
・チラシを誰に届けたいのか
・チラシをいつどんなシーンで使用するのか


チラシに悩まれたらぜひこの3つのことを意識してみてください!